calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>




categories

selected entries

archives



事業からの派生という展開

0
     物語は、今年の1月31日でしばらく書くのを忘れていた。

    給与計算の代行は結構仕事になるという話が最後だった。

    しかし、ここから徐々にまた昔の仕事に戻るきっかけが出てくる。

    それは、とある弁当店の社長との出会いである。

    最初は月額5,000円のお付き合いだったが、

    それが、月額200,000円の顧問料にまで進展するのである。

    その社長は、ある日、資料を持って弊社へ

    私の本棚をみて、これ全部読んだのですか・・・?と

    コンサルタントになりたての頃、しきりに読んだ書物である

    ブックオフでも買ってくれない古いモノばかりなのだが

    それは、さておき、私は何の仕事をしていたのだと尋ねられた

    そこで、コンサルタントから現在は・・・という話になった

    月額5,000円の代行料を細々と集めている私を見て

    よほど気の毒に見えたのか、月額50,000円の顧問料で

    会社の色々なことを教えて欲しいと頼まれた。

    5,000円が50,000円になるのだから、引き受けた。

    そののち、その実力はどれだけのモノかという事で

    幹部社員の研修をさせて頂く事になった。

    研修には社長は立ち会わず、研修の風景をビデオで録画すると

    いうものであった。気分のいいものでは無かったが

    未だ、私を信頼していないのだと思った。

    研修も終わり、数日たった日の事である。

    本物のコンサルタントなのですね・・・。と云われた時は

    驚いた・・・どうせ、という、やはり慈悲の心で私を雇ったのだと

    それは、さておき、その後、約10年以上に亘り、

    お世話になることになるのであった。


    | 1/38PAGES | >>

    links

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode