calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>




categories

selected entries

archives



復興特別所得税が来年度より加算される。

0


     復興特別所得税が来年度より加算されるのは誰もが知っている。

    退職金についても同様だ。

    102.1%の増税と聞いても、意外にピンとこない。

    納める税金は安い方が良いというのは人の常だ。

    そこで、ちょっと気が早いが、来年以降退職したら、退職金はどれくらい?

    ということで、復興特別所得税が加算された状態での

    退職金のシュミレーションサイトを作ってみた。

    http://www.humanvalue.jp/tool/taisyoku2.html

    ほんのすこしだが、どれくらいかを見てみるのも楽しい。

    しかし、これには、判定の基準時期の問題があるので注意してほしい

    例えば、12月に退職をし、実際の支払いが1月の場合は

    上記の新料率が適用されるらしい。

    つまり、支払った時期によるという見解である。

    ここで、問題となるのが、末締めの翌月給料の会社である。

    この場合も、1月になってからの支払いとなるので

    新税率の適用となるそうだ。

    但し、資金繰りの関係で、支払が出来なかった場合は別とある???

    こうなると、末締めで翌月支払の会社では、皆、12月に給料を払う?

    そうすると、年間の給与が13か月分となり、翌年の住民税が増える?

    (でも、翌々年は減りますが)

    なんか、このような改正がらみの時には、駆け込み需要ではないが

    駆け込み〇〇のような事が、よくおきます。

    また、はたしてこれが適正なのかを、弊社税理士に税務署に

    確認に行ってもらっている。

    今年の12月は租税がらみで大変そうである。

    もちろん給与ソフトも大変だ。

    その後には消費税も控えている。

    ソフトウエアの改訂が少しでも景気をあげるのだろうか。


    | 1/20PAGES | >>

    links

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode