calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>




categories

selected entries

archives



意思決定を支援するスーパー

0
    惣菜調味料で競うとう記事があった。

    働く女性の調理負担を軽減する策として

    惣菜の調味料が数多く販売され、各社は競っているという

    これを受け、スーパー側でも、従来の販売形態(商品提供方式)ではなく

    調味料にあった商品販売方式に切り替える店が多くなってきたという

    例えば、単なる豚バラ肉ではなく、「豚バラ回鍋肉用」等として

    出来上がりのイメージを訴えて、その傍らには「クックドゥ回鍋肉」等

    をおく。

    いわゆる、合わせ買いの方法である。

    このような方法は、従来から、カレー用のお肉など

    無かったわけではないが、惣菜調味料の多品種化で

    細かな商品戦略が可能となったわけである。

    これにより、買い手は、献立が決めやすくなるという利点もあるようだ

    お肉が安売り、さて、今日は何にしようか????

    この時に、惣菜調味料と合わせて提案されている食材によって

    献立の意思決定を支援するというものだ。

    実際、前述の「クックドゥ」は、13年の4〜9月期では

    過去最高の売り上げを更新したそうである。

    トライアルユーザーがロイヤルユーザー化すれば、

    益々売り上げは上昇する。

    創造性に欠ける主婦ができるという反論も出そうだが

    実際は、便利さが世の中を駆逐してきた例は否定のしようがない。

    だいぶ以前に、おそらく、世の中で最も贅沢なのは

    家庭でご飯を食べることかもしれない時代が来るかもしれない・・・と

    とあるスーパーの社長と話したことを思い出す。

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    links

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode