calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>




categories

selected entries

archives



今朝の朝食は「赤魚」の塩焼きです。

0

    今朝の朝食は赤魚の塩焼きである。


    家内と仲良く半分ずつだ。

     

     

    魚は大好きで休みの日には必ず食べる

     

    普段でも酒の肴にお刺身は定番だ。

     

    そんな中「魚が食べられなくなる日」という記事が目にとまった。

     

    「魚離れ」という言葉が出てから久しいが、

     

    今は、離れているだけでなく、食べられなくなってきているというのだ。

     

    漁獲量が減っているのもそうだが、日本食のブームなのか

     

    海外での魚の需要が高まり、いわゆる買付の段階で「買い負け」し

     

    必要な魚が手に入らないというのである。

     

    漁獲量が激減しているものには「しらす、ホッケ、クロマグロ、ニシン」

     

    などがあるそうだ。

     

    そういえば、ホッケはスーパーで100円で売っていた時代があったが

     

    今では結構な値段で販売されている。

     

    この漁獲量が減ってきたのに加えて、世界の海から調達する魚には

     

    総量規制というものがあり、やみくもに魚が取れない時代なのである。

     

    そんな背景から「魚が食べられなくなる日」となるのかもしれない。

     

    子供のころから水産加工の町で育ってきたので、魚がすくなってなっているのが

     

    実感できる。

     

    子供のころは、サンマは普通に道に落ちていた。

     

    道路事情が悪いので、運搬トラックがでこぼこ道で落としていくのである。

     

    中にはそれを拾って、農家へ販売する人もいたり、

     

    本当に良い時代でした。

     

    皆で決めごとを作るのはいいのですが、窮屈で責任回避の世の中になるようでつらいです。


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    links

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode